繊細な子供への効果的な関わり方・接し方は?|背中を押すことも大切

お家で支援


無料ダウンロード子供 泣き顔 - かわいい子供たちの画像

みかん
みかん
こんにちは。みかんです。

お子さんが、

・不安が強いタイプだなぁ

・とても繊細だなぁ

と、お悩みではないですか?

 

人見知り・場所見知りが激しかったり、

初めてのことが苦手だったり。

 

不安が強いと、園や学校に慣れるのに、

とても時間がかかるかもしれませんね。

 

お子さん自身も、不安が強い状態が

長く続くと「自分はどうせ…」と、

何事にも意欲がなくなってしまう

かもしれません。

上子供 泣く 画像 フリー - かわいい子供たちの画像

そんなお子さんの姿を見て、

ママ・パパは「どうしたらいいんだろう」と、

心がモヤモヤしてしまいますよね。

 

でも、お子さんの不安が解消されていったら…。

 

「ぼくは、心配ごとを乗り越えられた!」と、

自分に自信をもつことができます。

 

乗り越えた数だけ、自信がつき、

「大丈夫なんだ、そんなに心配しなくても」と

感じられるようになることでしょう。

ママ・パパも、自信がついたお子さんを

見てほっとしますね。

 

笑顔で、穏やかにお子さんと

接することができることでしょう。

 

今日は、繊細な息子に対して実践している、

“お子さんの不安を減らすために

ママ・パパができること”をご紹介しますね。

 

ポイントは、

「無理強いはせず、そっと背中を

押してあげること」です。

 

繊細な子へのサポートはスモールステップが鍵!

無料ダウンロード子供 泣き顔 - かわいい子供たちの画像

繊細で、不安の強い息子に対して

実践してきたサポートの方法を

ご紹介しますね。

 

『安心感のある場所』を大事に

お子さんが、一番『安心感』のある場所は

どこですか?

 

お子さんをサポートするとき、

その場所を大事に大事にしてください。

 

『安心感』のある場所があれば、

“少しの心の負担”は乗り越えられる

からです。

幼児期の積み木遊びはよいこといっぱい!年齢別積み木の選択と遊び方 - teniteo[テニテオ]

家庭内でのルールを作る

家庭はほっとする場ですよね。

お子さんもママ・パパも

そうではないですか?

 

でも、ほっとする場にも『ルール』は

必要です。

 

『ルール』がなければ、誰かの心や体に

負担が偏る可能性が高くなります。

 

それは、ママかもしれないし、

パパかもしれない。

お子さんかもしれない。

 

だから、

『ルール=線引き』をしましょう。

 

なにも、ガチガチにしなくて良いのです。

・この時間はTVやゲームOK

・寝る前には片付ける

・「ありがとう」「ごめんなさい」を言う

子どもも楽しみながらお片付け!わくわくするおもちゃ収納 | HAGS (ハグス)

家庭内でも、ある程度のメリハリが

必要です。

 

ルールがあり、それを守れるように

なると、“自己管理できる大人”に

なれるのです。

 

“自分で考える・選択する”習慣を

「ママはこう思うけど、◯◯はどう思う?」

「◯と◯はどっちにする?」など、

お子さんが『考える』『選択する』習慣が

つけられるといいですよね。

 

このの習慣が、将来的に

「ぼくは、こうしたい!」と、

“自分で決める力・選択する力”に

つながっていきます。

遠足のおやつを考える小学生の女の子の写真を無料ダウンロード(フリー素材) - ぱくたそ

繊細でも、不安が強くても、

“自分”をしっかりもっていれば、

自信をもって生きていけます。

 

“少し頑張ったらできそう”を見極める

例えば息子。

とても繊細で気難しいです。

 

3才頃まで、本当に人見知り・場所見知りが

激しく、誰に会っても、どこに行っても

ギャンギャン泣いていました。

 

1才半ば頃一旦落ち着いたと思ったら、

また『人・場所への敏感さ』が出てきて、

私自身も外に出るのがしんどくなって

いたんですね。

 

ここで、「あ!スモールステップだ」と

思ったんです。

 

支援の場でも大事にしている

“スモールステップ”の考え。

繊細な息子にとっても効果的でした。

 

“スモールステップ=少し頑張ったら

できそう”ということ。

⇒今の息子は“少ない人の中だったら遊べるかも”

1歳半の赤ちゃんにおすすめのおもちゃと選び方 - Chiik!

そう思い、スモールステップ開始!

 

まずは家庭で十分に安心感を得られるよう

にたくさん遊ぶようにしました。

 

それから、1日に1回は外に出て、

人の少ない公園や小集団の子育てサロン

などに足を運びました。

 

それも難しいなぁというときは、

友達親子1組と、自宅で過ごすなど、

“少ない人の中で過ごす練習”を

繰り返し繰り返し。

 

もちろん、息子も納得の上で。

“1日1回は誰かと会う・遊ぶ”

当時の私と息子の『ルール』です。

 

息子の様子を観察して、小さなステップを上る。

これを繰り返す中で、本当に少しずつではありますが、

 

“人への敏感さ”が減り、みんなと同じ空間で

過ごせるようになりました。

 

“小さなステップ”を大事に、少しずつ階段を上れるようにしましょう

理念について|群馬県前橋市のフリースクールこらんだむ 学校外で学べる居場所 − 不登校・ひきこもり −

“人の中で過ごせた”という経験は、

息子の『自信』になったようです。

 

「心配しなくても大丈夫なんだ!」

「◯◯は怖くないんだ」という、

『心のゆとり』をどんどん

広げていったように感じます。

 

今ももちろん繊細ですし、

小さいことを心配し、不安がって

いますが、

 

 

これからも、小さなステップを大事にして、

息子の背中をそっと押してあげたい。

そう思います。

 

お子さんの不安が強く、

「どうしよう」と悩まれている

ママ・パパ。

 

ぜひ、お子さんの“少し頑張ったら

できそう”を見つけてあげてください。

 

そして、そっと背中を

押してあげてください。

 

不安を減らす方法をお子さん自身が

身につけたら、もう大丈夫ですね。

 

長い道のりにはなりますが…。

 

不安が減ったら、お子さんの笑顔が

増え、ママ・パパも心がほっと落ち着き

ますね。

 

地道な地道な関わりですが、

焦らず、じっくり取り組んで

いきましょう。

 

こちらもどうぞ

【もしかしてHSC?】繊細で気難しい息子の特徴・変化と関わり方

 

お家で支援情緒
カテゴリー
mikanlifeをフォローする
みかんらいふ~ママ・パパ・子どもの困り感をサポート~

コメント

タイトルとURLをコピーしました