“我が家の実践”子どもの偏食・好き嫌いに困ったときの3つの対応方法

お家で支援

子供の食べ物の好き嫌いが多い原因と指導方法!好きにする魔法の言葉 | 保育士ライフ

こんにちは。

みかんママです。

 

前回は、偏食・好き嫌いを減らす

ための方法として、「アプローチ

するタイミングを見極めよう」

というお話をしました。

子どもの偏食・好き嫌いを減らす方法〜見極めよう編〜

 

この記事では、「アプローチする

タイミングがきた後の偏食・好き

嫌いを減らす方法」をご紹介しますね。

 

偏食のひどかった息子に対して

実践したきた方法です。

 

支援の場でも同じように

サポートしていました。

 

お子さんの偏食や好き嫌いが続くと、

栄養面の偏りが心配ですし、食事の

時間も「あ〜また食べない」と、

憂鬱になってしまいますよね。

 

そうなると、毎食作るのも億劫

なってしまいます。

 

でも、これからご紹介する方法を

実践すると、偏食や好き嫌いが減り、

栄養面の偏りも減り、ママ・パパも

安心。

 

「食べてくれない」「どうしよう」

というイライラから解放されますね。

食事時間の憂うつもなくなります。

 

さらに、お子さんは風邪を引きに

くくなりますし、丈夫な体を手に

入れることができますよ。

 

でも、実践しないままだと、

偏食・好き嫌いは減らず、栄養面

の偏りの心配は続きます。

 

栄養の偏りが続くと、お子さんの

体調面の心配も続きます。

食事時間も憂うつで、暗い雰囲気

のまま…。

 

そんなの嫌ですよね。

 

だから、これからご紹介する方法

を実践してみてください。楽しい

食事時間が待っているはずです。

 

 

子どもの意思を尊重しつつ、アプローチする

家族 食卓の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

やりとりができて、子さんの

「頑張れそう」という気持ちが

育ってきたら、

 

お子さんの意思を尊重しつつ、

アプローチしてみましょう。

大事なことは、「子どもの意思

を尊重する」ことです。

 

気持ちが伴っていないと、偏食

へのアプローチはとても難しい

ものになりますから。

 

 

偏食・好き嫌いへのアプローチ3つの方法

好きな食べ物と嫌いな食べ物|仙台でWEBコンサルティング | MIRAIZU

 

偏食・好き嫌いへのアプローチは

3つあります。基本的には、お子

さんの意思を尊重しつつ、やりと

りしながら進めます。

 

【偏食・好き嫌いへのアプローチ】

1.苦手なものも1口は食べる

2.好きなものと交替しながら食べる

3.食べる量を子どもと一緒に決める

 

1.苦手なものも1口は食べる

一番最初にすると効果的な

アプローチです。

 

食事の前に

「今日はキャベツがあるよ。

1口は食べようね。」と促し

ます。

 

「うん。」の意思表示があっ

たら、食事を進めましょう。

「苦手なものを1口食べたら

褒める」の流れを繰り返します。

 

2.好きなものと交替しながら食べる

好きなものを少し多めに準備して

ください。好きなものがたくさん

あると頑張れるんですよね。

 

先ほどと同じように、食事の前

に約束してから、「苦手なもの

1口⇒好きなものちょっと多め」

の順で、進めていきましょう。

 

3.食べる量を子どもと一緒に決める

苦手なものも、ある程度頑張れ

るようになったら、この方法が

有効ですよ。

 

食事の前のメニューを紹介して、

「どのくらい食べる?」と、お子

さんに聞きながら、食べる量を決

めていきましょう。

 

あくまで、お子さんの意思を尊重

しながら。

 

苦手なものが少なすぎるなぁと

感じたら、「あと1口分入れて

みようか」などと、促してみて

くださいね。

 

どの方法を実践するにしても、

「食べたら褒める」の流れを

大切にしてください。

 

お子さんのペースを見ながらアプローチを

ライフスタイル > 料理・食事 > 家族,昼】の画像素材 | 写真素材ならイメージナビ

 

偏食・好き嫌いを減らすアプローチ

は、焦っても・無理強いしても

上手くいきません。

 

お子さんの意思を尊重しつつ、

ペースを見つつ、ときには、

背中を押してあげながら、進

めていってくださいね。

 

地道なアプローチになります

が、ご紹介した方法を実践す

ると、きっと「明るい食卓」

が待っていますよ。

こちらもどうぞ⬇⬇

子どもの偏食・好き嫌いを減らす方法〜見極めよう編〜

離乳食食べなかった子のその後|カギはアプローチするタイミング!

お家で支援
カテゴリー
mikanlifeをフォローする
みかんらいふ~ママ・パパ・子どもの困り感をサポート~

コメント

タイトルとURLをコピーしました