タイミングが大事!❘子どもの偏食・好き嫌いを減らす方法

偏食 写真 お家で支援

子どもの偏食の理由ってなんだろう? | HAPIKU(ハピク)食育

こんにちは。

みかんママです。

 

あなたは、お子さんの偏食や好き嫌いにお困りではないですか?

かく言う私も、息子の偏食には大変悩まされました。

どうやったって食べないものは食べない!

どうしようもありませんでしたね。

 

子どもが偏食だったり、好き嫌いが多かったりすると、

◯栄養面が心配

◯イライラする

◯食事時間が憂うつ

 

など、対応するママ・パパもどんどんしんどくなってしまいますよね。

 

この記事では、息子の偏食や支援の場で実践してきた

「偏食・好き嫌いを減らす方法」をご紹介しますね。

 

この記事の内容を実践すると、

偏食や好き嫌いを減らす方法がわかり、

実際にお子さんの偏食・好き嫌いが減りますよ。

 

もしも実践しないままなら、この先もお子さんの

偏食や好き嫌いに振り回されてしまうかもしれません。

 

お子さんの偏食や好き嫌いを減らしたいママ・パパ、

ぜひ、これからご紹介する方法をお試しくださいね。

 

タイミングを見極める

幼児期の偏食の原因や影響とは?楽しい食事で偏食を克服しよう - teniteo[テニテオ]

お子さんの偏食・好き嫌いを減らすなら、

タイミングを見極めましょう。

 

どういうことかと言うと、

「アプローチするタイミングを見極める」ということです。

 

タイミングが合っていないと、

必死にアプローチしても、

ほとんど効果がないんですよね。

体験済みです…。

 

とっても大事な「アプローチするタイミング」。

そのポイントをご紹介していきます!

 

タイミングを見極める2つのポイント

子どもの偏食の理由ってなんだろう? | HAPIKU(ハピク)食育

「アプローチするタイミングを見極める」ためには、2つのポイントがあります。

1.やりとりができるか

2.お子さん自身の気持ちが伴ってきているか

この2つになります。

 

詳しく説明していきますね。

 

1.やりとりができるか

Yes、Noの意思表示ができれば、

「食べる?」「食べてみようか?」などの

問いかけに反応できますよね。

 

簡単なやりとりができるのであれば、

1つ目のタイミングはクリアです。

 

2.本人の気持ちが伴ってきているか

簡単に言うと、「頑張る気持ち」が

育ってきているかということですね。

 

「苦手だけど、1口は食べてみるぞ!」

「苦手だけど、頑張ってみよう!」

 

こんな気持ちが育っていたら、2つ目もクリアです。

 

もう一息なんだけど…というときは、

“苦手なものをほんの少し出して、

お子さんが自分の意思で口に入れられたら、十分褒める”

という方法を地道に積み上げてみてください。

 

スモールステップは、遠回りのようで、一番効果的です。

 

偏食・好き嫌いを減らす方法を試して、ママ・パパも心にゆとりを

ライフスタイル > 料理・食事 > 家族,昼】の画像素材 | 写真素材ならイメージナビ

お子さんの偏食・好き嫌いが減ったら。

心配事が減り、イライラが減り、モヤモヤが減り…。

心にゆとりができます。

 

もしも、2つともまだ難しいなぁという

お子さんをおもちでしたら、“一旦置いて”おきませんか?

 

私は“一旦置いて”おきました、1年半くらい。

毎日毎食、似たようなメニューでした。

 

「今は、“一旦置いておく時期”なんだ」と、

自覚していると、こちらもまた、

心にゆとりができます。

 

心にゆとりをもって、

お子さんの食事に関われるよう、

2つのポイントを確認して、好き嫌いへの

タイミングを見極めてみてくださいね。

こちらもどうぞ⬇

“我が家の実践”子どもの偏食・好き嫌いに困ったときの3つの対応方法
お家で支援
カテゴリー
mikanlifeをフォローする
みかんらいふ~ママ・パパ・子どもの困り感をサポート~

コメント

タイトルとURLをコピーしました