【里帰りなし出産】準備しておいてよかった10のこと

里帰りしない出産 アイキャッチ 妊娠・出産

里帰りしない出産 アイキャッチ

・里帰り出産を予定しているけど、不安

・どんな準備をしておけばいいの?

このような悩みをおもちではないですか?

 

みかん
みかん
こんにちは。みかんです。

私は息子を出産したとき、“里帰りをしない”決断をしました。

決断したはいいものの、不安だらけでしたね…。

 

これを読んでいるあなたも、今不安でいっぱい

なのではないでしょうか。

この記事の内容

・筆者が里帰りしなかった理由

・里帰りしない出産で準備しておいてよかった10のもの・こと

 

みかん
みかん
この記事を書いているみかんです。

☆元教師。うつ病⇒休職⇒退職

☆主に2つの理由から、里帰りしない出産・育児を経験

 

「里帰りをしない」

様々な理由があると思います。

でも、出産後の体はボロボロ…。

 

その中で、赤ちゃんのお世話が始まります。

家事も…。

 

人によっては、本当に大変です。

だから、事前にできることはしっかり

準備しておきたいですよね!

 

この記事を読めば、「里帰りしない出産を

するときに、準備しておくといいこと・もの」

がわかりますよ。

 

心の準備・物の準備。

しっかり整えて、出産のときを迎えられますように。

それではいってみましょう。ヽ(^o^)丿

 

筆者が里帰りしないと決めた2つの理由

産前 夫との散歩

私が里帰りをしないと決めた理由は2つあります。

・最初から夫と一緒に育てたかったから

・親の体調が思わしくなかったから

 

最初から夫と一緒に育てたかったから

一番の理由は最初から夫と一緒に

育てたかったからです。

 

妊娠中も、つわりに苦しむ私を一番

近くで支えてくれました。

 

いつも温かく、苦しさを自分のことの

ように受け止めて支えてくれた夫。

 

赤ちゃんが生まれて1ヶ月以上、

夫と離れて育児をすることが考え

られませんでした。

 

親の体調が思わしくなかったから

当時、私の母は体調があまりよくなく、

里帰りすれば負担をかけてしまうことが心配でした。

 

里帰りして、無駄な心労をかけたくなかった。

これも大きな理由です。

 

結果、私たちが選んだのが里帰りなし出産。

でも、出産時から夫のお母さんが

駆けつけてくれ、本当に本当に

助けてもらいました。

 

産後は予想以上に体がダメージを受けて

いて、赤ちゃんのお世話で精一杯。

義母の存在は大変大きかったです。

里帰りしない出産で準備しておいたよかった10のこと

里帰りしない 準備したものイラスト

では、一番不安な“里帰りしない出産で

準備したものや準備したこと”を10個ご紹介しますね!

 

次の10個になります。

里帰りしない出産で準備していたこと・もの10個

①日々の食事のこと

②生協個配に登録

③日用品の買いだめ

④陣痛時・出産時の対応の共通理解

⑤夫との報連相

⑥出産時に必要なものを早めに準備

⑦産後(退院後)使用するものを早めに準備

⑧出生後の手続きの確認

⑨可能な限りの貯金

⑩頼れる人を見つける(私の場合はお義母さん)

 

1つずつお話していきますね!

 

①日々の食事のこと

日々の食事は心配の種ですよね。

我が家の場合は、夫は自分で料理が

できるので、最低限の心配だけで済みました。

 

また、私が入院中と退院後の10日間は、

お義母さんが来てくれる予定だったので、

準備したのは、日持ちのするパン

冷凍保存するお肉類くらいでした。

 

②生協個配に登録

退院して10日以降はお義母さんも

帰ってしまう予定でした。

 

なので、出産前に生協個配に登録。

新生児を連れて買い物は行けないので、

個配は大変助かりました〜。

 

今は、登録すると宅配してくれるお店も

多いので、検討してみると良いと思います。

 

③日用品の買いだめ

オムツやおしり拭き、トイレットペーパー、

ティッシュなど、買いだめしておくと安心です。

なかなか買い物に行けないですから。

 

どうしてものときは、仕事帰りの夫に

買ってきてもらっていましたね。

 

④陣痛時・出産時の対応の共通理解

里帰りしない出産で一番不安なのが、

「突然の陣痛」ではないでしょうか。

夫がいないときだったら…。

 

世の中には、陣痛タクシーなるものがあると

聞き、探してみましたが、田舎のせいか…。

私の住む地域には残念ながらありませんでした。

じゃあどうする…?

 

頼れるのは夫しかいなかったので、

夫がいないときに陣痛がきたときの

共通理解を事前にしておきました。

 

シミュレーションはこんな感じでした⬇⬇

・陣痛がきたら、即夫に電話する。(病院にも連絡する)

・夫はすぐに仕事を切り上げて帰宅する(当時の通勤時間は40分くらい)

・私は電話後に病院へ出発する身支度を整える(可能な範囲で)

・夫帰宅後、すぐ病院に出発する

 

出産時のことも話し合っていました。

こんな感じです⬇⬇

・夫はお義母さんにする連絡する

・夫は仕事の段取りをつけて、取れる期間いっぱい、仕事をお休みする

・出産時は立ち会いする(できれば)

 

事前の共通理解はとっても大事だなぁと

思いました。

 

陣痛タクシーはなかったけど、

事前の共通理解でどうにかなりましたよ。

 

⑤夫とのコミュニケーション

常に夫とはコミュケーションを

とるようにしていました。

困ったときに頼れるのは夫だけでしたしね。

 

出産前、出産後、退院後、いろんなことが

想定されるし、何が起こるかわからないので。

 

⑥出産時に必要なものを早めに準備

本やネットの情報から、出産時に

必要なものを早めに準備しました。

 

こちらのサイトに、出産時に必要な

ものが詳しく記載されていました。

⇒⇒https://chirashi.akachan.jp/junbilist/

(引用:アカチャンホンポ)

 

必要なものって本当にいっぱいありますよね。

早めに準備しておくと、安心です。

 

少しずつ、自分の体調と相談

しながら準備してくださいね。

 

個人的には、“ペットボトルストロー”は

必須だと感じました。

あとは母乳パッド。

旦那さんにもお願いしにくいので…。



 

⑦産後(退院後)使用するものを早めに準備

ベビーバスや赤ちゃんの洋服、ベビーベッド、

ミルクセットなど、退院後に使用するもの

もたっくさんあります。

こちらも、早めに準備しておくと安心ですね。

 

⑧出生後の手続きの確認

赤ちゃんが生まれたら、役所で済ませ

なければならない手続きがたくさんあります!

 

出生届、乳幼児医療費助成、児童手当…etc…。

事前に夫と確認しておきました。

こちらのサイトに詳しく記載されていましたよ♪

⇒⇒https://hoken.zexy.net/money/lifeplanning/life10.html

(引用:ゼクシィ保険ショップ)

 

早めに確認しておくことをオススメします!

 

⑨可能な限りの貯金

出産って、想像以上にお金がかかります…。

結婚してからも、なかなか家計管理ができなかった私。

可能な限り、貯金をするよう心掛けました。

 

お金はあった方が絶対安心です!

出産後もなんだかんだ、お金はかかりますから。

 

⑩頼れる人やサービスを見つける

私の場合はお義母さんでした。

当時住んでいた地域には、産後ケア施設も

なかったので、お義母さんの存在は本当に

本当に大きかったです。

 

産後ケア施設がある地域にお住まいの方は、

利用してみるのも良いのではないでしょうか。

プロがそばにいてくれるって、心強いはずです。

サポートしてくれる人、サービスをフル活用してください☆

ここまで、里帰りしない出産で準備しておいてよかったこと・もの10個をご紹介してきました。

 

里帰りしない出産。

不安だらけですよね。

不安をなくすためにも、事前の準備を

しっかりしておくと良いですよ。

 

これから里帰りなしでの出産をお考えの方。

サポートしてくれる人やサービスをフル活用して、

物理的な準備・心の準備を整えてくださいね。

 

産後は、「無理せず」「完璧を求めず」

「休めるときは休む」ことを大事にしてください。

それでは(*´∀`*)

 

みかん
みかん
こちらもどうぞ♪

⇒⇒妊娠初期から産むまで続いたつわりと時期別の対策

⇒⇒辛い新生児育児の乗り切り方【実体験】

 

妊娠・出産繊細くん育児
カテゴリー
mikanlifeをフォローする
みかんらいふ~ママ・パパ・子どもの困り感をサポート~

コメント

タイトルとURLをコピーしました